Powershell WPF Xamlファイルを用意せずGUIフォームを作成する例

PowerShell

System.Windows.WindowをObject化し実装すれば、Xamlファイルを用意せず、ゴリゴリとGUIフォームを作成する例

Xamlファイルを用意するよりも、昔ながらのゴリゴリとフォ作成する手法も取り入れて、GUIフォームを作成する方が、Powershell的にはやりやすい場合もありそう。

今の自分のスキルだと、こちらの方が馴染むかも。

サンプルコード

実行結果

PlusやMinusをクリックするとTextBoxの変数が変化する。

最後に$TextBox.Textの結果をコンソールに表示させる。

オブジェクトはXamlファイルで出力できる

ゴリゴリ作ったWindowオブジェクトをxamlファイルとして出力させることも可能

参考にさせて頂いたサイト

PowerShellでWPFのダイアログを表示する : morituriのブログ
Windowsフォームと同じような方法で、WPFのダイアログを作ることもできる。 ※Windowsフォームを使う場合:powershellでWindowsフォームのモーダルダイアログを表示する WPFのアセンブリを読み込む。 Add-Type -AssemblyName PresentationFramewo...
PowerShell DeepDive: WPF, Data Binding and INotifyPropertyChanged
PowerShell can be used to create some nice UI front-ends using the Windows Presentation Framework (WPF). You can create anything from a simple popup window to a...

コメント

タイトルとURLをコピーしました